ポリピュアEXは全世界で特許を取得した育毛剤だが効果は緩やか

ポリピュアEX

育毛剤を選ぶ時、副作用の可能性が低くて、効果が良さそうかの判断は、スペックにある成分を見て判断することが多いと思います。

ただ、ネットで情報を集めていると、どの成分でも「育毛効果抜群!」なんてあいまいな書かれ方をしているので、どれを信用していいのか判断が難しいですよね。。

そういう時に効果の有りなしを客観的に判断するための指標として見るべきものが、「エビデンス」だと思います。

そもそもリアップのようなミノキシジル発毛剤は、実際に薄毛の人に使って発毛効果があるのか臨床試験を行って医薬品として認められていますので、効果についてはお墨付きです。

ただ、育毛剤には、このような国の制度は残念ながらありません。。

エビデンスがきちんと用意された育毛剤はないかと「育毛成分 特許」なんて検索してひっかかったのが、ポリピュアEXのメイン成分であるバイオポリリン酸でした。

バイオポリリン酸は、ポリピュアEXだけの独自成分で、毛根に作用し、体内にあるFGFという髪の毛に必要なタンパク質を活性化させて、育毛効果を期待できるということです。

ミノキシジルのように無理やり血管を拡張する訳ではなく、そもそも体のなかにあるタンパク質にアプローチするし、ゆるやかに効果が作用することから、副作用が少ないのも特徴です。

「ゆるやか」というと、なんとなく効かないように思いますが、ポリピュアEXは、他の育毛剤ではまずお目にかかれない、薄毛の人に行ったビフォーアフターの試験結果が医学雑誌に掲載されていて、イマイチ効果を疑いたくなる育毛剤に、エビデンス(合理的根拠)が存在する育毛剤です。(詳細はのちほど紹介)

こういう情報もあってか、2007年に発売開始されたポリピュアはWEBで販売している育毛剤の中でも知名度は非常に高く、販売本数は累計で450万本突破(2018年現在)と実績十分な育毛剤です。

1つの配合育毛成分の育毛効果が非常に高いという意味では、リアップと同じような成分特化型育毛剤ですが、どのような違いがあるのか具体的に調べてみました。

ポリピュアEXで特に気になった3つのポイント

バイオポリリン酸はアプローチ方法は違えど、ミノキシジルと目指すゴールは同じ育毛剤

そもそも髪の毛は、毛根から細胞分裂をくりかえし、髪が生え、どんどん伸びて、やがて抜けるヘアサイクルというのが回り続けます。

通常はこのサイクルは2~6年と言われていて、毛根がなくなるまで成長期~退行期~休止期の間をぐるぐる回っています。

このヘアサイクルが長くなればなるほど、髪の毛が太く成長し立派な髪の毛になるのですが、ミノキシジルは血管を拡張して血流をよくし毛根に潤沢にタンパク質や栄養を合成促進することで、髪を成長をさせます。

リアップの説明書にもこのような感じでていねいに説明されていました。

ヘアサイクル

ではポリピュアEXはというと、ミノキシジルのように血管を無理やり拡張させるようなことはありません。

そのかわり、ナノサイズの「バイオポリリン酸」が「FGF」という髪の毛を生やすために必要なタンパク質や栄養素を届け、毛根を活動的にし、ヘアサイクルを伸ばしています。

方法はまったく違えど、ヘアサイクルを伸ばすことで発毛促進という意味ではミノキシジルと最終的なゴールは同じといえますね。

4つのFGFに対して同時にアプローチをするので確率が高くなる

しかし、似たようなメカニズムを持った育毛剤は複数あったりします。

ではなぜその中でもポリピュアEXが優れているかというと、ポリピュアEXが最も多くの種類のFGFに対してアプローチが可能だという点からです。

体内には23種類のFGFが存在するのですが、他の育毛剤は1つか2つにアプローチするだけです。(例:アデノゲンはFGF-7)

しかし、ポリピュアEXはバイオポリリン酸という1つの成分で同時に4つのFGFに対してアプローチできます。 もちろん、多くのFGFにアプローチした方がより確率があがるということですね。

1ヶ月あたり3,400円と医薬部外品育毛剤の中でも続けやすい価格の育毛剤

ポリピュアEXは本体価格が7,800円と価格だけみればミノキシジル発毛剤のリアップ(7,056円)より少しだけ高くみえます。

しかし、よくよく調べて見てみると、ポリピュアEXは1本あたりの容量が120mlと大きく、1本で約2ヶ月使うことができるので、結局1ヶ月あたりの費用は半額の3,900円と非常に続けやすい価格になります。

さらに、毎月自動的に届く定期購入(解約は1本でもできるのでおすすめ)や、3本まとめ買いの場合でも、1本あたり1,000円割引されて6,800円になるので1ヶ月あたりの価格は3,400円になります。これは非常に安いと思いますね。

リアップでもポリピュアでもいったん使い始めたら続ける必要があり、半年、1年となる場合コストはこれくらい変わってきます。

  リアップX5 ポリピュアEX 差額
6ヶ月の場合 42,336円
(6本)
20,400円
(定期購入3本)
21,936円
1年の場合 84,672円
(12本)
40,800円
(定期購入6本)
43,872円

表面価格はリアップと変わらず高そうですが、1ヶ月あたりのコストに直すとリーズナブルに使える育毛剤だと思います。

さらに、ネット通販の育毛剤にはほとんどついている全額返金保証期間(理由を問わず返品返金できる期間)も基本的には30日間が多いなか、ポリピュアEXは少し長くて45日間まで無料で試すことができます。

30日って商品が到着してからあっという間に終わってしまうので、この期間が2週間でも伸びると、人によっては抜け毛の減少くらいまでは体感できてしまうかもしれませんからね!

もしも、効果ないと自己判断しても、45日以内であれば基本どんな理由でも返金に応じてくれるので、フリーダイヤルで申し込みをして、ボトルを返送するだけ。

ボトルの返送代だけ必要ですが、封筒に入れて送れば良いみたいなので、それほど費用はかからないと思います。

始めやすいし、続けやすく、またやめやすいのがポリピュアEXの特徴だと思います。

育毛剤では珍しいアレルギーテスト実施済みで副作用が少ない

安いし、効果ありそうなポリピュアEXですが、副作用になるのか?という点が気になりますね。

これでミノキシジルのように、副作用になってしまえば意味がないので。。

まずポリピュアは、厚生労働省から効果がゆるやかな分、副作用もほぼないとされる「医薬部外品」として区分されていますし、ミノキシジルのように血管を拡張させることもなく、あくまで体内にあるFGFを活発にする育毛方法から副作用になりにくいという特徴があります。

これを裏付けるデータとして、皮膚科専門医や、アメリカにある第三者検査機関AMA Laboratories,INC.(NY)というところでアレルギー試験(ヒト感作性試験)を行った結果、《アレルギー反応なし》という検査結果が出たということです。

ポリピュアEX

公式サイトにてしっかりと記載されていますし、副作用に対しての心配は非常に少ないと思います。

ただ、まったくゼロというわけではなく、あえて副作用の可能性があるとするならば、ポリピュアEXふくめ、一般的に含まれるアルコールが原因だと思います。

アルコールは育毛剤の浸透力を上げてくれたり、配合されている成分の鮮度を維持するメリットがあります。

ただ一方で、水分を蒸発させる作用もあるので、乾燥に弱いなどの頭皮環境が良くないと、頭皮の炎症や肌荒れなどの副作用になってしまうことがあります。

どこかのサイトに記載があったのですが(URLを記載しようと思いましたが、失念してしまいました。。)、年に1、2件は、副作用症状の報告が、ポリピュアEXの販売会社に入っているようですので、やはり副作用率は0%というわけではなさそうですね!

販売本数が12年間で累計450万本のポリピュアですので、割り戻すと副作用率は限りなくゼロになります。

報告していない人がいるにしても副作用になる確率は10万人に1人くらいということですね。(これなら安心!)

他に比べて客観的な根拠が多く、コツコツ育毛したい人向けの育毛剤

体内の4つのFGFにアプローチをするし、1ヶ月あたりの費用も安い。更に副作用リスクも少ないし、バイオポリリン酸はポリピュアEXにしか入っていない。

これだけ見ると、ミノキシジル発毛剤が使いこなせない人にはもってこいの医薬部外品育毛剤といってもいいかもしれません。

ただ、気になることが一点だけ。

それは、「どれくらい毛が伸びた」あるいは、「こんなに髪が生えた!」などなど、ユーザーが一番気になる使用前使用後のデータです。

ネット上の口コミも確かにあるけれど、ステマかもしれないし、できれば第三者によって統計したデータがほしい…と以前は書いていましたが、最近になって医学雑誌にポリピュアEXの効果を検証した論文データが公開され、公式ページでも紹介されています。

ポリピュアEXの医学雑誌に論文データ

実際にこの本は通販で買えるので、試しに入手して読んでみると、メーカーの提供をうけて一般財団法人日本臨床試験協会が実施し、今現在こんなタイプの薄毛の男性26人を対象にしたそうです。

頭頂部と生え際が薄毛

頭頂部と生え際が薄毛になっている軽度~中程度の薄毛の方を対象にしており、これはまさにリアップやスカルプDメディカルミノキに書かれている発毛剤で効果的な薄毛パターンとよく似ていますね。

ミノキシジルの効果ある薄毛パターン

そして、ポリピュアEX使用者、非使用者と半分にわけて、洗髪・マッサージを併用して1ヶ月後の髪の毛の状態を比較したところ、ポリピュアEXを使った人は以下のような変化が見られたということです。

  • 毛髪の太さが太くなった
  • 洗髪時の抜け毛が少なくなった
  • 普段の抜け毛が少なくなった
  • 毛穴詰まり、皮脂(べたつき)、かゆみが少なくなった
  • 髪のコシ、手触り感が良くなった

リアップの場合でも、CMで「まずは最低4ヶ月!」と水谷豊さんがいっているように効果の実感には時間がかかるものです。

その点ポリピュアEXは、1ヶ月と短い期間で髪にプラスの変化が出ているため、早い人ではリアップよりも効果が実感できるかもしれません。(もちろん個人差はあると思いますが)

ぜひ今度は長期間この試験をやってもらって、最終どれだけ髪の毛が生えたかを知りたいのはワタシだけでしょうか…?

ただ、以前はエビデンスさえも存在せず、ポリピュアEXが先陣を切った感じで、他の育毛剤でも調べてみましたが、なかなかこういった数値データを見ることはありませんでした。

本当に効果があるのか証拠を見せろ!と勘ぐる厳しいユーザー要求に合わせた一歩抜きん出た育毛剤であることは確かです。

また、ポリピュアEXの特徴は、ミノキシジル発毛剤では効果がないとされるM字型の薄毛にも効果があるので、発毛剤使いたいけど、M字だから…ということであきらめていた方にもおすすめできます。

リアップのような副作用の心配が少なく、一ヶ月あたりの費用が安い、抜け毛を減らしながらじっくり育毛していくという軸でチョイスするのであれば、ポリピュアEXはこれらのエビデンスによって効果が客観的に担保された育毛剤ということができるでしょう。

  • メーカー:シーエスシー
  • 内容量:120ml(約2ヶ月分)
  • 1本定価:7,800円(税込)
  • 定期購入価格:6,800円(税込)
  • 全額返金保証:45日間
  • >公式ページで詳細を確認する

ポリピュアEXに関するよくある疑問集

バイオポリリン酸以外にどんな成分が入っている?

有効成分

  • センブリエキス
  • ニンジンエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • パントテニルエチルエーテル

その他の育毛に関する成分

  • バイオポリリン酸(酵母エキス(1)として記載)
  • バイオパップス(酵母エキス(2)として記載)
  • ヒオウギ抽出液
  • 加水分解コラーゲン末
  • チョウジエキス
  • ホップエキス
  • レイシエキス
  • γ-オリザノール
  • チョウジエキス

使い心地ってどんな感じなの?

リアップスカルプDメディカルミノキ5との比較になりますが、さらっとした液体状で、ベトつき、ほてりなどは全然なく、使いやすい印象です。においもわずかにアルコール臭がしますが超微香という感じでした。

守っておきたい使い方は?

一般的な発毛剤や育毛剤と同じ1日朝晩2回ですが、液体をしっかりと浸透させるためにしっかりとした洗髪・マッサージはやっておいたほうがよいです。

購入すると一緒に送られてくる「育毛読本」というパンフレットに具体的な方法が書いてありますので、参考にしてみましょう。

定期購入のほうが安いけれど、解約が面倒くさくないか?

フリーダイヤルもありますが、ネットでも解約できます。注文すると送られてくるマイページの画面より解約できます。

特に副作用になりにくい医薬部外品育毛剤一覧